ゴキブリがいなくなるスプレー

最近ゴキブリがいなくなるスプレーの一風変わったCMをご覧になったことはありませんか。所謂ギューカイ用語を連発しながら台所のシンクの下にスプレーを吹きかける夫婦の会話が特徴です。

「目効きゴイスー、ブリゴキがいなくなるレースプ」と夫が妻に語りかけていますが、直後単調な女性の声で「正しくはゴキブリがいなくなるスプレー」と解説しています。

ゴキブリのゴ、いなくなるのい、スプレーのスを取ってゴイスを強調しているCMは、1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

メーカーは香取線香で有名なあのキンチョーですが、正式な会社名は大日本除虫菊株式会社と言います。大阪を拠点とする企業のせいか、CMも西日本テイストの面白いものが多いようです。

日本人にとって夏の悩みと言えば、なんと言っても蚊とゴキブリでしょう。それらを駆除するための殺虫剤や捕獲の為の商品は様々なものが開発販売されてきましたが、見かけた個体は駆除できても、他にも潜んでいるものや新たにやってくるものまでは防げませんでした。

今回、スプレーすることで薬剤を嫌ってゴキブリが寄りつかなくなる画期的な駆除剤が発売されました。それこそがゴキブリがいなくなるスプレーなのです。

ゴキブリ以外にも南京虫の駆除にも効果があるこのスプレーの成分はピレスロイド系のイミプロトリンですが、噴射時には薬剤が床面等へ付着しやすいので、吸い込みにくく安全と謳っています。

ピレスロイドは除虫菊に含まれる有効成分の総称で天然のものなのです。主に昆虫類・両生類・爬虫類の神経に作用する神経毒で、哺乳類や鳥類にはあまり効力を発揮しないことから、安全性の高い殺虫剤と言われています。

特定の生物にのみ有効の毒性のことを選択毒性というのだそうです。とは言え、一部の使用者にはアレルギー症状の報告もありますので、床をハイハイする幼児や爬虫類である亀をペットとして放し飼いにしている場合は、噴射部分に近づけないようにするなど工夫した方が良いかも知れません。

ゴキブリがいなくなるスプレーは2週間に1度噴射すると効果的だそうで、ゴキブリが寄りつかなくなるのならこんなに有難いものはありませんね。

最近は他社になりますが、蜘蛛に巣を張らせない、寄せ付けないというタイプの殺虫剤も出ており、殺虫剤も多様化しています。もちろん、ゴキブリがいなくなるスプレーはゴキブリを寄せ付けないだけではなく、直接噴射すれば高い殺虫効果を発揮するものです。

薬剤に触れたゴキブリは死んでしまうのです。この商品が他とは大きく異なる特徴は、殺虫剤では始めて火気に対して高い安全性を持った炭酸ガスを使用していることでしょう。

LPGや石油を使用していないので、火気厳禁の注意文字がありません。

ゴキブリホウ酸ダンゴ

ゴキブリホウ酸ダンゴといっても、メーカーが様々なのでどれを使って良いか分からない方も多いのではないでしょうか。実際、ゴキブリホウ酸ダンゴを使って効果があったという方、逆効果だったという方はたくさんおられます。

またホウ酸ダンゴは自分で作ることも出来ますので、昔はゴキブリ殺虫剤を買わないで手作りのホウ酸ダンゴで対処していた家庭が多かったようです。

ホウ酸ダンゴで有名な商品といえばゴキブリキャップでしょうか。他にもアースやフマキラなどメーカーがありますが、ゴキブリキャップは昔からある有名なゴキブリ駆除剤です。

種類はホウ酸とタマネギを使用した物とピーナッツを使用した物の2種類あり、効果は7日~15日で出てくるようです。タマネギよりもピーナッツのほうが効果があると答えていた方が多いですが、家庭や場所によって異なるので、2種類を使って比較してみると良いでしょう。

ただホウ酸ダンゴは稀にゴキブリの死骸を見ることがあるので、処分が嫌だという方は泡になるタイプの殺虫剤と併用して利用すると良いでしょう。

効果がある置き場所は、最も出やすいキッチン周りや洗面所などの水回りです。ゴキブリが通りそうな場所は遠慮なくたくさん置いていきましょう。

対処ができたら、発生しないようキッチン周りや水周りなど毎日綺麗にするよう心がけて下さい。駆除剤などを使用しても、キッチン周辺に食べカスが落ちていたり、水気が残っていては格好の餌食になってしまいます。

ですので、ホウ酸ダンゴを置くだけでなく、こまめに掃除するようにしましょう。またホウ酸ダンゴ1つに頼らず、コンバットタイプやホイホイタイプを併用することでよりゴキブリをシャットアウトすることができます。

使えるものは全て使って、数か月経ったら取り替えるようにしましょう。ちなみに手作りホウ酸ダンゴの作り方ですが、まずホウ酸500g・すりおろしたタマネギ大2~4カップ・砂糖大さじ2~4・小麦粉2~4・牛乳少量・器を用意します。

費用は大体700円くらいだと思います。用意した器にホウ酸・タマネギ・砂糖・小麦粉を入れ、ゴム手袋をした状態でしっかり混ぜ合わせていきます。

そこに硬さ調整する牛乳を入れ、ボール状に丸くしていきます。大きさ的には3cm程度ぐらいでいいと思います。それをアルミホイルに乗せ、部屋の隅に置けば完成です。

自分で作ることで節約にもなりますので興味のある方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。ただどうしても作る手間などかかりますので面倒に感じる方はお近くで購入するか、もしくはネットショップで安くまとめ買いしておかれるといいかと思います。

ゴキブリさようなら

冬が終わって暖かくなってきたこれからの季節は、ゴキブリのような害虫が活発に動き回る季節でもあります。ゴキブリの駆除には、安全性の高いゴキブリさようならをおすすめします。

ゴキブリさようならは、スプレータイプのゴキブリ駆除グッズです。スプレータイプといっても、出てくるのはよくある霧状になった液体ではなくて、泡なんです。

「食器洗剤でゴキブリが死ぬ」という声にヒントを得て商品化されたものなんです。主成分はずばり食器洗剤そのもので、界面活性剤と安定化剤です。

材質を見てみると本当に「界面活性剤、安定化剤、水、高圧ガス(LPG)」とだけ書かれていますよ。シューと吹くと、洗剤が泡になって飛び出し、ゴキブリの気門に入りこんで呼吸を止めます。

そして、そのまま動きがとまってゴキブリを退治することができます。通常の家庭用の害虫駆除スプレーは、ピレスロイド系という殺虫剤が使われています。

これは除虫菊という植物由来の成分を模して作られた殺虫剤で、比較的、毒性が低いとはいわれています。ところで殺虫成分のような化学物質の影響は体重に比例するのはご存知でしょうか。

体重が少ない方に影響が出やすい、つまり大人よりも子供やペットの方が影響を受けやすいんです。大人にとっては平気なので殺虫成分入りのものを使用していたとしても、子供やペットは影響を受けて、気分が悪くなったり体調を崩したりしてしまうこともあるかもしれませんよね。

万一殺虫成分が原因で体調を崩したとしても、因果関係に気付きにくいものなので、なぜだかわからないけれど体調が悪い、ということになってしまいがちです。

そういったことを考えると、ゴキブリさようならならば、その殺虫成分を使用することなくゴキブリを駆除できます。健康への影響が心配な成分が使用されていないのは嬉しいポイントです。

ゴキブリが出たときというのは、大慌てでゴキブリが死ぬまであちらこちらにスプレーをかけてしまうなんてことがありますよね。そうすると、家の中はあちこち殺虫成分だらけになってしまいます。

あとになると、スプレーをどこにかけたのかわからなくなってしまうので、殺虫成分を拭き取ることなんてできませんよね。でもゴキブリさようならならば、泡なので成分が家中に飛び散る心配もありません。

もちろん成分も殺虫成分不使用で安全なものです。あとから拭き取りたい場合も、泡なのでわかりやすく、ささっと処理できてしまいます。ゴキブリさようならならば、このように安全性が高いので、小さなお子様やペットがいるご家庭でも、安心して使用していただくことができるのではないでしょうか。

それから、こういった噴霧式の缶はエアゾール缶といってLPG(液化石油ガス)のような可燃性のガスを使用しているので、キッチンのような火気のある場所での使用には危険があります。

でもゴキブリはキッチンでよく出ますよね。ゴキブリさようならならば、ガスの使用量が少なく引火性が低いので、ゴキブリのよく出るキッチンでも安心して使用できます。

この夏の害虫駆除グッズには、ゴキブリさようならがおすすめです。